www.sojirushi.com

掃印 公式Webサイト


掃印(そうじるし)

トップページ  >  お手入れ方法

お手入れ方法

【掛け無精 / 掛けほうき】

使わない時(収納時)は必ず「掛けて」、吊り下げてください。立てかけて置いてしまうと、穂先に負荷がかかり、穂先に「クセ」がついてしまいます。その点この「ステッキ」の柄は、棚・ドアノブ・椅子の背もたれ等々、室内のさまざまなシチュエーションにおいて、引っ掛けて・吊り下げられやすくなっています。結果、ホコリやゴミが気になるときに箒が取り出し易くなりますし、かつインテリアや見た目の点からも、「掛けほうき(掛け無精ほうき)」が室内における「風景となるような道具」になると考えております。

使用年数に関しましては、「使い方・使用頻度」にもよりますが、3年程使うと草に「掃きグセ」がつき、草の繊維がナナメになったり偏ったりする場合があります。「掃きグセ」を修正する場合は、霧吹き等で草に水を含ませ、草が潤っている状態から「手串」で、まっすぐに草を整えてあげて下さい。大体において、「まっすぐ」なカタチに戻ります。

また長い使用によって穂先がちびて(減って)きましたら、前髪を切り揃えるように、穂先をハサミで切り揃えてください(普通のハサミで結構です)。そうしますと、面が綺麗に揃い、「コシ」・「掃きゴコチ」が戻ってきます。

穂先を整え、切り揃え、だんだんと穂の長さが短くなってきますと、「コシ」がぐっと出てきます。お買い上げ時から、「半分、もしくは三分の一」程度まで「使い切る」ことのできるものです。最後は庭掃きや玄関掃きとしてお使いください。量販店等で販売しております「外掃き用」の箒よりも、ずっとよく使えます。

最終的には3年から5年、大事に使って限界まで使いきること考えれば、最長10年は「ほうき」としての機能性は保持できるものと考えております。

>> 掛け無精の原材料などについての詳細
>> 掛けほうきの原材料などについての詳細

【掛けトサカ長柄 / 掛けトサカほうき】

使い始めから3~4ヶ月、または半年ほど、棕櫚の繊維につまった茶色のパウダー上の「粉」がでます。フローリングのような「フラット」な場所でしたら、「粉」と一緒にゴミ・ホコリを集めて頂いて十分ですが、「畳み」で掃く場合は、粉が出なくなってからお使い頂くと、「畳みの目」に粉が詰まることがなく、便利に使えます。ただ、棕櫚は非常に柔らかいため、「絨毯」や「カーペット」といった「抵抗の強い場所」の掃除には向いておりません。

長い使用で穂先にクセがつきましたら、洗面器に水を張り、クセの部分を水に浸してください。そうして水を切って、シュロ(クセの部分)が湿った状態にて手串でカタチを整えて頂ければ(寝癖を直す要領で)、大体クセは修正されます。シュロは油脂を含んでおり、水にも強く乾きも早い素材です。ホコリ・ゴミがシュロに付着しましたら、かるく手で穂先を払って頂き、「水拭き」していただれば十分です。

>> 掛けトサカ長柄の原材料などについての詳細
>> 掛けトサカほうきの原材料などについての詳細 (欠品中)